お陰様でデビュー35周年記念特別企画イベント「ワイルドフラワー」はすべての回を好評のうちに終了することが出来ました。これも皆様の応援のおかげです。心より御礼申し上げます。これからもさらなる飛躍を目指して、音楽を楽しみます。どうぞこれからもよろしくお願いします。 2016.12.31 遠藤響子


遠藤響子35周年特別企画イベントのテーマは「ワイルドフラワー」

テーマ曲「ワイルドフラワー」です。誰のご機嫌も取らずに自分の意志で咲くワイルドフラワーへの強い憧れを込めました。
(弾き語りショートバージョンはNHK土曜時代ドラマ「アシガール」サウンドトラックとしてitunesmusic.jpで配信中 / オリジナル版は5月30日配信決定!)


WILD FLOWERⅠ
Victor編


2016年5月16日(月) 開場17:30 開演19:00
渋谷・JZ Brat sound of tokyo

出演: 遠藤響子(Vo,Pf) 伊藤ハルトシ(G) 土井孝幸(B) 新村泰文(Dr) 竹上良成(Sax) Aisa(Chorus) 矢代朝子(Narration)


大きな声では言えませんが、遠藤京子は花の82年組です。アイドル文化とアーティスト性を全面に出すニューミュージックとのせめぎ合いがVictor時代にはありました。ルイードでもライブをたくさんやりました。足しげく通って下さったファンの方も多くいらっしゃったことでしょう! デビューコンサートは愛知勤労会館、東京草月ホールで行いました。ワイルドフラワー第1弾のこの日は代表作「輝きたいの」をアンコールに歌いました。会場には私をスカウトして下った元Victor谷田さん、デビュー最初のディレクター元Victor田村さん、一緒に「輝きたいの」を制作して下さった元Victor川原さん、宣伝マンだった衛藤さん、そして最初にお世話になった事務所社長寺本さん(元Moss Family)などたくさんの当時お世話になったスタッフの皆様が来て下さったことがとてもうれしかったです。あの頃物を知らず満足に言えなかったお礼を改めて言えて良かったです。


WILD FLOWERⅡ
CBS Sony & Fun House編


2016年7月15日(金) 開場17:30 開演19:00
渋谷・JZ Brat sound of tokyo

出演: 遠藤響子(Vo,Pf) 伊藤ハルトシ(G) 木村将之(B) 新村泰文(Dr) 庵原良司(Sax)


2016年3月28日にリリースされた「ゴールデン☆ベスト もう一度会いたい」を中心に歌いました。 この時期はどこをとっても贅沢な経験をさせてもらいました。しかし何もかもが大がかりで与えられたことを必死にこなす毎日だったのを思い出します。ソニーでは稲葉竜文プロデューサー、ファンハウスでは金子文枝プロデューサーにお世話になりました。この日のライブには金子さんもご来場下さり、アンコール時にお話しを聞くことが出来たのがとてもうれしかったです。金子さん、アレンジャー菅野よう子さんと私と3人で音楽を作る、スタジオのあのシンとした美しいクリエイティブな空気は生涯私の体に埋め込まれた財産となっています。コンサートはCBS Sonyの時に青山スパイラルホール、Fun Houseの時にシアターコクーンで行いました。


WILD FLOWERⅢ
Pure Mode編


2016年9月16日(金) 開場17:30 開演19:00
渋谷・JZ Brat sound of tokyo

スペシャルゲスト: 井上鑑(Pf,Vo) SACHA KNITZ (岩沢幸矢・杉真理・鈴木雄大・平澤成基)
出演: 遠藤響子(Vo,Pf) 新村泰文(Per) 木村将之(B)


1998年に京子から響子へと名前を変えてからのPure Modeレーベルでは、これまでに5タイトルの作品を発表しています。この日のライブは30周年記念アルバム「月の光」プロデューサー井上鑑さんとやっとご一緒出来ました。ライブ後半はピアノ伴奏をさせて頂いているサッチャナイツの面々もかけつけて来てくれました。彼らと一緒にステージに立つと、幾分(だいぶ?)ぶっちゃけた感じになるのがとても面白いです。Pure Mode になると恋の歌だけでなく、人生を歌うようになって来ています。 決まりきったPopsの枠から何とか抜け出したいと試行錯誤を始めた時期でもあります。


WILD FLOWER Final
Future編


2016年11月18日(金) 開場17:30 開演19:00
渋谷・JZ Brat sound of tokyo

スペシャルゲスト: 柏木広樹(Vc) 塩谷哲(Pf) 真部裕(Vn) 光田健一(Pf)(五十音順)and 松尾清憲(Vo)
出演: 遠藤響子(Vo,Pf) 田口裕子(Harp) 木村将之(B) 新村泰文(Drs)


ワイルドフラワーライブイベントを締めくくるファイナルは、輝く未来を迎えるためにフューチャー編と題してお送りしました。敬愛するミュージシャンの皆様に囲まれて本当に至福の時でした。皆様のぶれない澄んだエネルギーを感じながら歌う喜びは「今、死んでもいいや!?」くらい、ステキな時間でした。私が思う美しいものをたくさん集めた本当に二度とないスペシャルな夜です。イベントテーマ曲「ワイルドフラワー」を光田健一さんアレンジでご披露しました。


arrow_top image